「カジノカジノ」は違法なのか?合法なのか?法律問題を徹底検証!

今人気の「カジノカジノ」をプレイするとき、多くのプレイヤーが気になるのがオンラインカジノのプレイは違法なのか、合法なのかということだと思います。

そこで、今回は過去に起こったオンラインカジノに関する事件から、カジノカジノは法律面で問題がないのかどうかを徹底検証していきます!

これからカジノカジノを始めたいと思っている方は、必見です。

「カジノカジノ」の存在は合法!

優良なオンラインカジノは、ギャンブルが合法の各国政府や自治領からライセンスを取得しています。

つまり、オンラインカジノの運営会社の存在自体に違法性は全くないのです。

ただ逆に言えば、ライセンスを所得していないオンラインカジノは全て違法ですので、避けるべきでしょう。

このライセンスを所得していないオンラインカジノは、存在自体が違法な上に、ライセンス取得に必要な資金すらも持っていない可能性が考えられます。

つまり、賞金も振り込まれないという事態もありえるということです。

なお、今流行りの「カジノカジノ」は、オンラインカジノが合法のオランダ領キュラソー島からライセンスを所得しているため、安心できます。

では、日本でプレイしても大丈夫なの?

前述した通り、オンラインカジノは存在自体には違法性はないですが、日本人が日本にいながらオンラインカジノをプレイすることは、日本法の賭博罪にあたるのでしょうか?

結論から言うと、「賭博罪にはあたらない」という見方が有力です。

例えば、以前起こった「NetBanQ事件」では、裁判の結果プレイヤーが不起訴(無実)を勝ち取っています。

この事件は、海外で合法のオンラインカジノを日本国内でプレイしていたユーザーが、賭博罪の容疑をかけられたというものでした。

ただし、この点だけは注意を!

「NetBanQ事件」の例を考えて、必ずしも「オンラインカジノは合法」と言い切れるわけではありません。

しかし、公判で処罰された例のない「グレーゾーン」であるとは言えるでしょう。

そして、この件で一度「不起訴」になった例ができたことで、今後のオンラインカジノプレイヤーの逮捕・摘発は限りなく確率が低くなったと言えます。

なぜなら、そうなると検察が自身の過去の判断を覆すことになるからです。

ただ、以下の点にあてはまるオンラインカジノは、今後も自己防衛のために気を付けた方がいいでしょう。

・日本人専用のテーブルが存在する(日本人向けカジノと判断される恐れ)
・チャットに自分を特定されるような情報を書き込まない
・ブログやSNSでプレイの内容を公開しない

上記の点に気をつけつつ、海外ライセンスを持っている合法オンラインカジノで、カジノライフを楽しんでください!

やはり当サイトの今一番のおすすめオンラインカジノは、ライセンスがありサポート体制も充実している「カジノカジノ」です!